腕組みダイエットの効果の秘密



腕組みダイエットは、なぜたった70秒のストレッチで、ウェストのサイズダウンができるのでしょうか。それは腕組みストレッチが内臓の深部筋を引き締めるからだといいます。内臓の深部の筋肉は、骨格を正しく保つために重要な筋肉だといいます。しかし普段の日常生活では、立ち方や座り方が悪くなりがちで、この結果、内臓の筋肉のバランスが崩れてしまい、骨格も歪んでしまうといいます。

深部の筋肉は、じつは骨格をつなぎ合わせる重要な筋肉です。この筋肉が弱ったり衰えると骨格も歪んでくることはお分かりだと思います。腕組みストレッチで内蔵の筋肉を鍛えるわけですが、よく「老化は内臓から」といいますね。この意味には内臓の筋肉も含まれているのでしょう。内臓の筋肉を衰えてくると体に歪みが生じて不具合なことが起きやすくなります。

腕組みストレッチに近い考え方に骨盤ダイエットがあるかもしれません。骨盤体操をご存じの方はお分かりだと思いますが、骨格の歪みは体にさまざまの悪影響を及ぼします。骨格が歪むと血行も悪くなり、代謝活動が悪くなっていきます。その結果、やせにくい体質になり、肥満しやすくなる悪循環に陥るようになります。これが肥満に至るもっとも多いパターンであり、セルライトも発生するメカニズムとなっています。ですから腕組みストレッチを行って内臓の筋肉を鍛えてバランスを正常にすると、骨格のバランスがよくなり、その結果、血行がよくなって代謝活動もよくなって、スリムな体になるわけです。

posted by 腕組みダイエット at 05:29 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。